スポンサーリンク

Posted by みやchan運営事務局 at


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by 市場スタッフ at 15:23 2014年03月29日

黄色い水仙




白いこぶし



赤い芝桜



と続いて

いよいよ桜が開花して

今年も春が来た!!!



自然は律義
毎年忘れることなくそれらの花が咲く。


そして人の心も華やぎ躍るピカピカ

年を重ね変化の少ない日々の繰り返しになってしまった今でも

季節の変化が、日々のマンネリ化を打破してくれている。


四季を持つ国で生きるということは、それだけで幸運である。


四月入学と九月入学があるけれど

日本ではやはり四月入学だろうスマイル


冬を控える落葉の季節の秋より

夏に向かう若葉の季節の春の方が門出に似合う。

人間も自然の一部

その自然に育てられながら存在しているサクラ
  


地中海・・・ぽい長島(^^)

Posted by 市場スタッフ at 17:04 2014年03月23日

先日、鹿児島県の長島町へ初めて行きました車


「段々畑があって景色がいいよ~」と

聞いていたのですが、



本当に綺麗でした(^^)

なんか地中海みたい!!!

と思ったので、比較してみました(笑)

↓(マルタ島)



フェリーで天草地方の牛深まで30分なので
牛深まで行ったのですが・・・



漁協のトンビにはびっくらこきました悪魔




恐ろしい数のトンビ・・・・・。



屋根の上もALLトンビ、ときどき鷺。。。

うかうか食べ物は置いていられませんね。

以前、私も日南でトンビにお昼ごはんを盗まれたことがありますムカッ


今回は家族が体調不良で、
途中で切り上げ都城に戻ってきましたが

また夏休みにでもゆっくり釣りをしに行こうと思いました。




夕日もサイコーでございましたチョキ












  


LED化

Posted by 市場スタッフ at 15:30 2014年03月15日

皆様、こんにちはスマイル

徐々に寒さも和らぎ、
一昨日には春一番が吹きました。
そろそろ春本番となるのでしょうか?

さて、先日、市場の駅通路照明と場内の外灯がLEDになりましたピカピカ


まずは、市場の駅。



暖色系の色になっており、
昔ながらの雰囲気を壊さぬよう配意されていますニコニコ

以前よりしっかりした明るさを感じられます。


そして、外灯。



コンパクトでスタイリッシュなフォルムになりましたキラキラ


気になる夜の明るさですが



フラッシュ不使用で撮りました。
辺りが十分見え、申し分ない明るさでしたキラキラ


正面に入ってみると、



眩しいくらいでした!
これで省エネとは、流石LEDですスマイル


市場には
夜中や朝方の暗いうちから
入場、仕事をされる方々がいますので
しっかりした灯は欠かせませんピカピカピカピカ


  


さくらんぼの花

Posted by 市場スタッフ at 13:49 2014年03月08日

こんにちはニコニコ

1週間ほど前から、市場のさんくらんぼの木に花が咲きました!

春の訪れを感じさせてくれますが、本日の都城は寒の戻りで大変冷え込が厳しくなっています!


毎年花を咲かせ、ゴールデンウィークくらいに小振りではありますが、さくらんぼが実ります!

しかし、早く収穫しないとヒヨドリに全部食べられてしまいます!

味はというと酸味が強く甘酸っぱいです!

また、さくらんぼが実りましたらレポートします!


  


藻類の奇跡

Posted by 市場スタッフ at 13:27 2014年03月01日

地球は誕生した当初、

噴火が絶えず、

酸素もない生物を寄せ付けない死の星だったそうであるキョロキョロ


その地球に酸素をみなぎらせたのは、

昆布やワカメ、クロレラなどで知られる

藻類の先祖だったとのこと↑







藻類は

太陽光と炭酸ガスを餌にした光合成で酸素を作り、

地球を酸素でみなぎらせた。

その酸素が、

熱を吸収し、

灼熱に包まれていた地球を冷やして、

やがてオゾン層を作り、

太陽が放射する紫外線を適度に遮った。



そして、人類が誕生した。


だが、
人間は欲望という厄介な代物を

文明という形に変える知恵と技を持つ生き物で、

火を操る文明社会を築きあげた。


長年、
地球が封印した化石燃料を掘り起こし

火を燃やし続けながら。

そして大量の炭酸ガスを排出したアセアセ



藻類と真逆の行為で地球温暖化を招き

今、大気汚染・異常気象など忍び寄る危機の予兆に脅えている。



だが、ここで再び病んでいく地球を癒し、


本来の健全な自然と生物圏の活力を

取り戻す救世主となるのは、

地球の生命の祖の「藻類」かも知れないと

言われている。



現在、
藻類からバイオ燃料を作り出す技術開発進んでいるそうである。


人間は、これまで、天与の自然を破壊したり、

本来の自然とかけ離れた様々な元素をいじって

厄介な代物を作り出しては地球を痛めつけてきた。



今度こそ海から創造された生命の循環を謙虚に学び

同じ過ちを二度と繰り返してはならない!!!